オルソケラトロジーのメリット

オルソケラトロジーのメリット


オルソケラトロジーのメリットはやはり「手術が不要」という点です。オルソケラトロジーの治療はOKレンズを装用して治療を行います。OKレンズはハードコンタクトレンズです。OKレンズを装用して、角膜の形状を矯正して視力を回復させるのがオルソケラトロジーでの治療方法となっています。レーシックのように手術を行って視力を回復するわけではありませんので、手術によるリスクも伴いません。ハードコンタクトレンズを装用することになるので、角膜が傷ついてしまう恐れがありますのでその点はご自身で注意するようにして下さい。

レーシックの手術というのは、角膜を削って視力を回復する方法です。レーシックの手術は1度失敗してしまったからと言って、気軽にもう1度というわけにはいきません。角膜を何度も削るということは出来ませんので、失敗してしまうリスクも考慮した上で手術は受けなければいけません。リスクを回避して視力を回復させいたいのであれば、オルソケラトロジーが無難な選択となります。

オルソケラトロジーでの治療は、夜の寝ている段階にOKレンズを装用することです。寝ている間にOKレンズを装用して、起きたらOKレンズを外します。お昼の間は裸眼で過ごすことが出来ますので、眼鏡やコンタクトでの煩わしさを感じられることはないでしょう。角膜の形状を変化させていますので、日中は裸眼での視力を維持することが可能です。

オルソケラトロジーでの利用するOKレンズはハードコンタクトレンズになります。ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズに比べうと、酸素透過率が高いのも特徴です。日頃からソフトコンタクトレンズを装用されている方は、角膜の酸素不足により、角膜内皮細胞が減少している可能性があります。これが悪化してしまうと失明になる可能性もあるので、日頃から気をつけるようにして下さい。

OKレンズはハードコンタクトレンズになりますので、角膜の酸素不足にはなりませんので安心して装用出来るでしょう。