オルソケラトロジーのデメリット

オルソケラトロジーのデメリット


オルソケラトロジーのデメリットは治療を継続する間はOKレンズを装用し続けなければいけない点です。レーシックのように1度手術をしたら、視力が回復するといった治療方法ではありません。

オルソケラトロジーの治療方法は、OKレンズ使用し続けて治療しなければいけません。オルソケラトロジーの視力の回復というのは、あくまでも一時的な効果でしかないのです。なので、視力を回復させるために永続的にOKレンズを装用する必要があります。

そしてOKレンズも一生涯使い続けることが出来るハードコンタクトレンズではありません。OKレンズの酸素透過率は高いですが、数十年利用出来る代物ではありませんので交換していかなければいけないのです。OKレンズは決して安い代物ではありませんので、その度に費用が発生してしまいます。尚且つ定期的に通院やOKレンズのメンテナンスも行う必要がありますので、費用という面においては高くなってしまうのもデメリットと言えるでしょう。

角膜の感染症という面においては、ソフトコンタクトレンズよりも発症の危険が高くなります。OKレンズは簡単に交換出来るものではありませんので、継続して利用していくことになります。何度も利用することになりますので、きちんと手入れを置こなあ無いと角膜感染症を患う可能性があります。ソフトコンタクトレンズではあれば、気軽に交換することも出来るので角膜感染症を患う危険性は少ないです。

オルソケラトロジーのは効果という面においても不安定です。角膜形状を一時的に変化させることになりますが、体調が悪い時には効果が出ないケースもあります。特に車を運転するという方は、オルソケラトロジーに頼り過ぎないように注意しなければいけません。オルソケラトロジーの治療を行っていたとしても、眼鏡などは用意しておく必要があります。

オルソケラトロジーは全ての人が受けることが出来る治療ではありません。重度の近視、乱視、遠視の方はオルソケラトロジーでの治療を行うことは難しいです。

尚、重度の近視、乱視、遠視でも眼内レンズのフェイキックIOLなら治療が可能です。詳しくは以下のサイトを参照ください。

フェイキックIOLまるわかり