オルソケラトロジーを理解しよう

オルソケラトロジーで視力が回復する仕組み


オルソケラトロジーはまだまだ歴史の浅い治療方法です。日本の眼科で治療方法として取り入れられたのは2000年以降になりますので、歴史の浅い治療方法であると言って間違いないでしょう。歴史の浅い治療方法だと、本当に効果があるのか不安に思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。オルソケラトロジーの治療方法だと、どうして視力が回復するのかご説明します。

オルソケラトロジーの視力が回復する仕組みというのは非常に分かりやすいです。オルソケラトロジーでの治療では、OKレンズを装着することになります。このOKレンズを装着することによって、眼球の表面の角膜の形を変えていくのです。角膜の形を変えることによって、ピントを調整していき、視力を回復していくという形になります。もっと分かり易く説明しますと、眼鏡やコンタクトレンズと同じ仕組です。眼鏡やコンタクトレンズというのは、レンズを通してピントを調整していきます。オルソケラトロジーではOKレンズを装着して、角膜の形を変えることでピントを調整し視力を回復させるのです。

オルソケラトロジーの治療方法ではOKレンズを装着することが必須となってしまいます。全ての人がオルソケラトロジーの治療方法に向いているとは言えません。例えば面倒なことが嫌いな人というのは、寝る前にOKレンズを装着するのが手間だと感じられてしまうのではないでしょうか。毎日のように寝る前にOKレンズを装着しなければ、視力は回復しません。ある程度慣れていれば24時間以上回復した視力を維持することが出来ますが慣れていなければ時間が経つにつれて視力が低下していきます。

オルソケラトロジーの治療が手間だと感じられるのであれば、レーシックのように一度の治療で視力が回復する方を選択される方が無難です。そして近視の程度によって、オルソケラトロジーでは視力の矯正が不可能なケースもあります。重度の近視の方というのは、オルソケラトロジーの治療に向いていませんのできちんと理解した上で治療を受ける必要があります。

PS.オルソケラトロジーの安全性と危険性については以下のサイトを参照ください。

オルソケラトロジーまるわかり